ウイルスの感染予防に効果、次亜塩素酸水

強力な殺菌効果で異物を攻撃・排除する物質が次亜塩素酸です。それを水と食塩の電気分解によって化学的に作り出したものが次亜塩素酸水です。 次亜塩素酸水はノロウィルスやインフルエンザウイルスの不活性化に高い効果があり、手指消毒や口腔消毒、食器や衣服の滅菌にも使えます。 濃度によっては食品の消毒や食品添加物、農薬としても認められています。 名前がよく似ている次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)もウイルスの抑制効果を持ちますが、こちらは強いアルカリ性のため、肌につくとたんぱく質が溶ける、金属を腐食させるといったマイナス面があります。弱酸性で人体に優しい次亜塩素酸水のほうが、安心して使えるメリットがあります。 次亜塩素酸水は炭水化物、タンパク質、脂肪などの有機物に触れると水になる性質があります。空気中に噴霧することで除菌、消臭効果もあり感染防止につながると言われてます。 現在、アルコール消毒剤は欠品が多く手に入り難くなっていますが、新型コロナウイルス対策で消毒液としてアルコールと並び自治体などが推奨しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA